メタボ体型におすすめのダイエット方法

若い頃と同じ食生活をしていると、年齢を重ねるごとにメタボリックシンドロームに陥ってしまいます。

メタボリックシンドロームとは、高血糖、高血圧、高脂血症のいずれか2つの症状に内臓肥満の症状が重なった人のことを指します。

生活習慣を見直してメタボリックシンドロームの症状を緩和しないと、動脈硬化や糖尿病などの深刻な問題が発生する可能性があります。

メタボリックシンドロームは、体に負担の少ないダイエットをすることで改善できると言われています。

少し体型が変わったからといって、生活に不便がないからといってメタボリックシンドロームのままではいけません。

急に痩せようとしてハードな運動や過度なダイエットをすると、体を壊してしまいます。

長くダイエットを続けるとリバウンドしにくい体質になってしまうので、ハードなダイエットを繰り返す必要はありません。

ダイエットで痩せるためには、普段の食生活を見直し、適度な運動をすることが大切です。

ダイエット中は野菜を適度に取り入れたり、塩分を摂りすぎないようにしたりすることが大切です。

普段の食生活にメタボリックシンドロームの原因が隠れている人も多いようです。

まずはそれらを見極めて、1日400g以上の野菜を摂取するようにしましょう。

高カロリーな肉や油を減らすためには、野菜を積極的に代用して食べるのが理にかなっています。

ダイエットのために運動をしたいのであれば、体内の脂肪を燃焼させるために有酸素運動を行うことが大切です。

ウォーキングなどの運動を20分以上行うと、体内の脂肪を燃焼させることができてダイエットに役立ちます。

おすすめの記事