体重の減少とダイエットの停滞期について

痩せてキレイになるための努力をしている女性はたくさんいます。

来週の海水浴や恋人に会いたい日など、具体的な日取りが決まっていて、その日までに痩せたいと思っている人もいるでしょう。

目標としている日までに体重を落とせるかどうか、ダイエット中に不安になることもあるでしょう。

ダイエットをするときに大切なのは、運動と食事の2つです。

食事はカロリー制限を意識したメニューにし、運動は有酸素運動と筋力トレーニングを組み合わせたものにしましょう。

ダイエットのためにジョギングをする場合は、維持しやすい時間とスピードを決めましょう。

無理なペースで足腰を痛めてしまうと、ダイエットを続けることができなくなってしまうので注意しましょう。

人によっては、体調を崩してしまったからといって、ダイエットのために運動を続けるモチベーションが続かないこともあります。

あまりにも速いペースでジョギングをしてしまうと、疲労感が増してしまい、運動をする時間が短くなってしまい、ダイエットの効率が悪くなってしまいます。

しばらくすると、体重を落とすのが難しくなります。

減量が停滞すると、以前よりも運動時間を長くしようとしたり、食事量をギリギリまで減らそうとする人もいます。

停滞期はダイエットが順調に進んでいるサインなので、あまり気にせずに今まで通りのダイエットを続けましょう。

痩せる量が一番大切ですが、停滞期は努力を怠らないことが大切です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事