歯のホワイトニングには美白効果もある!

毎日の紫外線から日焼け止めを塗って守っているつもりでも、
なんだかんだ言って日焼けしてしまっていませんか。

また、日焼けが気になってファンデーションをついつい厚塗りしてしまう、
厚塗りお化けメイクをやってしまっているという女性もいるかもしれません。

もちろん、
ファンデーションでカバーすることも大切ですが、
それでは肌への負担が大きくて、
毛穴に皮脂汚れなどの化粧汚れが残ってしまって、
汚れが何層にも重なってしまっているかもしれません。

その重なってしまった汚れはそのうちくすみとなり、
さらに肌を暗く見せるため、
さらにファンデーションを厚塗りして、
と悪循環を繰り返しているのではないでしょうか?

実はファンデーションを厚塗りしなくても
、顔のあるパーツに気をつけるだけで肌が白く見えるのです。

そのパーツとは『歯』です。

なぜ、『歯』を白くすると、
美白効果があるのかその理由と歯を白くするコツをご紹介します。

⇒ おすすめのホワイトニング商品はこちら

歯のホワイトニングには、美白効果もあった!

歯を白くすると、
笑った顔がとっても素敵に見えますが、
その理由は『白』といつ色の効果にあります。

白というのは、
清潔感を代表する色であり、
白を見て汚い、
暗いという印象を持つ人はまずいません。

清潔感というのは、
人に好かれるためにもっとも大切な要素であるため、
多くの人は、白を見て、嫌な印象を持つということはありません。

そのため『美白』という言葉が強く
今でも化粧品を売るときの
キャッチフレーズになるほどの言葉の力を持っています。

ですから顔もなるべく、
白く見えると好感度も高く、
人から好かれるため、
モテ度が高くなると言われています。

しかし先程説明したように、
ファンデーションを厚塗りしてしまうと、
肌の色自体は白ではないので、
肌の本来持つ透明感がなくなり、
不自然さが際立ってしまいます。

厚塗りとわかってしまうと、
頑張っている感がでてしまったり、
かえってけばけばしくなって、
おばさんという印象を与えてしまいます。

ではファンデーションを厚塗りせずに、
肌を美しく見せるにはどうすれば良いのでしょうか?

それは、『歯のホワイトニング』です。

人の顔は笑ったときに、歯が顔の約三分の一露出します。

すると、人は自然と明るい方へ目が集中します。

そして肌を見たときに、
歯が白ければ、
肌が白く見える錯覚を引き起こします。

これは明るい光や白の画用紙を
見続けたあとに黒のものを見ると、
灰色に見えたり、
白と黒を並べたときに白の面積やトーンが明るいと
自然と黒も明るい灰色に見えるようになる錯覚と同じです。

人は話すときには、
目をずっと見続けて話す方はいません。

ですが目をそらし続けるのも会話のときはおかしいので、
顔の中心である鼻や口元を見ます。

このときに特に友人や大好きな彼と話しているときは、
自然と笑いも多くなるため、
歯を見る機会が格段に増えます。

このときに歯が白いと白を見続けるので、
肌を見たときに、白い綺麗な印象を与えます。

逆に歯がコーヒーや紅茶のステインで汚れていたり、
タバコのヤニがついていると、
汚れが目立つばかりか、
肌もおなじように汚く見えてしまいます。

ですから歯を白くすることで、
肌の印象を変えてくれます。

歯を白くするには?

手っ取り早く歯を白くするには、
やはり歯医者さんでのホワイトニングがおすすめです。

でもなかなか忙しくて、
歯のホワイトニングができない人は、
毎日の歯磨き粉をホワイトニング用の
歯磨き粉に変えてみましょう。

そうすることで歯の黄ばみ、くすみがきれいになり、
歯が徐々に白くなります。

歯が白くなれば、
肌も綺麗に見えてファンデーションを
厚塗りする必要もなくなります。

ぜひ普段の美白ケアに、
歯の美白ケアも加えてくださいね。

⇒ おすすめのホワイトニング商品はこちら

関連記事はこちら ~この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます~



キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。