異性をデートへ誘う時の上手な誘い文句はコレだ

気になる人ができて、
もっと相手を知りたいとなったら、
男女問わずデートに誘いたくなる
のではないでしょうか。

でも、その誘い方やタイミングが分からずに
迷った挙句誘えずに終わってしまった
という経験がありませんか?

ここでは気に入った相手を
上手に誘う誘い方を紹介しましょう。

スポンサーリンク

例えば、気になる相手を食事に誘うとします。

その時、面と向かって真面目に
「食事に行きましょう」
というのは当然NG。

固すぎて相手も気軽に
行けなくなってしまいます。

そこでまず1つは何か理由をつけること。

新しくお店ができたけど
誰もつきあってくれないから、
○○さん、一緒に行ってくれない?とか、
あなたが男性なら
男一人じゃ行きにくいから付き合ってとか。

あくまでもついでのように誘うと
相手も気軽に来やすいのではないでしょうか。

それに、この誘い方だと仮に断られたとしたって、
真剣に交際を申し込んで振られたわけではないので
ダメージはまだ浅いかと思います。
(それでもショックだと思いますが)

それと、誘い文句以前に、
考えすぎて相手を誘うことさえできない人が
最近増えていると聞きます。

これは、先の先まで考えすぎているためで、
まだ始まってもいないのに
余計な心配などしない方がいいと思います。

それより、自分が気に入っているということは、
同じように相手を気に入っている人がいると
考えて行動することをお勧めします。

スポンサーリンク

関連記事はこちら ~この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます~



キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。