今日からできる気になる男性を自分のものにするメールテクニック

気になる男性ともっと距離を縮めたい…
そう思うときほど、
「彼に嫌われたくない」、
「いい女と思われたい」、
「好かれたい」
という思いが強くなって、
メールでも一歩強く踏み込むことができずに
無難なメールを送りがちです。

今回はそのような女性のために、
メールで気になる男性を
その気にさせるテクニックを紹介したく思います。、

スポンサーリンク

テクニック1 相手の文体に合わせてメールを送る

例えば、男性がメールの中に
顔文字や絵文字を使ってきたら、
あなたも同様に顔文字や絵文字を使って
メールを返してあげてください。

また、語尾の部分も男性に合わせることも効果的です。

ミラーリング効果と言い、
人は自分と同じ仕草や表情をすると
好感を抱くのですが、
それをメールの中でも演出することで、
男性は「あっ俺と似ているな」
と思って好意を抱くようになります。

テクニック2 メールと言えど会話だということを意識する

男性とメールの回数を増やすことが
距離を縮める鍵となります。

メールの回数を増やそうとする場合、
メールの最後に疑問系の「?」を
つけることが一般的です。

しかし、
「○○君は今日何してたの?」
「○○君はもうご飯食べた?」
「今なにしてるの?」と
質問だらけのメールはNGです。

なぜなら、好きでもない女性から、
ぐいぐいと質問されても、
ただただ、ウザいと男性は感じてしまいます。

これは、逆の立場で考えても同様ではないでしょうか。
例えば、
「私は今日○○をしてきたんだけど、
○○君は何していたの?」と、
自分から話したり、
質問の前にワンクッション置くことで、
警察の尋問ようなメールは
避けることができます。

メールは会話だと意識すると、
送る前にこれでいいかな?、
相手に不快を与えてないかな?と
考えるようになるので
意識するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

テクニック3 気になる男性を特別扱いしてあげる

男性に限ったことではないのですが、
特別扱いされると嬉しいものです。

例えば、
「こんな相談できるのは○○君だけだよ…」
「○○君を信頼したから話したんだよ…」
「○○君は私のことを理解してくれて本当にうれしい…」
「○○君には何でも話せちゃうな…」

このように、
「あなたは私にとって特別な存在なのよ」ということを
さりげなくメールの中でアピールすることで、
意中の男性は
「俺って、この子にとって特別なんだな」
と思うようになり、
ぐっと距離が縮まることでしょう。

まとめ

以上、
気になる男性を自分のものにするメールテクニックを
紹介しました。

どれも今日から使えるテクニックですので、
早速意中の男性にこのテクニックを活用して欲しく思います。

大切なのは男性が喜ぶメールを意識することです。

応援しています!

スポンサーリンク

関連記事はこちら ~この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます~



キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。